2011年02月21日

USTREAM舞台裏「ゲストが2.5人、って?」

USTREAM「ニシ100!」司会の中田です。
2011年2月18日 12:00-12:30放送の「クラウドる?あなたのクラウ度を診断しましょう。」(澤井亜紀子、横山哲也)の舞台裏です。

今回はゲストが2.5人でした。
何かというと、澤井が途中で着替えて(といってもエプロンをつけただけ)別人格の「主婦アキコ」に変身したのです。
"子どもがいてママ友がいる普通の専業主婦なのだけれど、どうやら自分の周りにはクラウドがあるらしい" という設定らしいのですが、なんとも中途半端。
「もっとそれらしいしゃべり方をすればいいのに」と思いつつ、番組は進行。
参加者からは "せめて髪型…。サザエさんの髪型からビジネスウーマンに「変身!」" というツイートもありましたよ、そういえば。

その中途半端につられて、というと言い訳になりますが、名札を出し間違えてしまいました。
エプロンをつけて (変身して) いないのに「主婦アキコ」。

何事も準備 8割。
素材のレイアウトなど間違えにくいように設定し、リハーサルするまで準備に含まれますね。
準備したうえで、アドリブが生きてくる。
多くのプレゼンテーションと一緒ですねぇ、とまとめてみたりして。

クラウド系の集合研修
プレゼンテーション系の集合研修

USTREAM「ニシ100!」番組サイト
録画「クラウドる?あなたのクラウ度を診断しましょう。」
Twitter まとめ「クラウドる?あなたのクラウ度を診断しましょう。」

今の気分 (-o-) by 中田智玄



タグ:ゲスト
posted by 中田智玄 at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | USTREAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

USTREAM舞台裏「スタジオのレイアウトに柔軟性を & 休んでも大丈夫?」

USTREAM「ニシ100!」司会の中田です。
2011年2月15日 12:00-12:30放送の「ITサービスマネジメント特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」(菅原聡)の舞台裏です。

グローバル ナレッジ ネットワークの研修カタログが新しくなりました。
最新のカタログ

カタログは昨年夏号から読み物のページが多くなり、読み応えのある?ものになりました。
今回は本書の特集から「ITサービスマネジメント」を取り上げ、解説を行っています。

さて今回の舞台裏。

予定では、編集長の菅原聡と共に、講師である戸部伸彦が登場するはずでした。
ところが当日、残念ながら体調不良により戸部が自宅待機となってしまいました。

「ニシ100!」を放送している G-Studio は、2人掛けのテーブルを向い合せに配置しています。
そのため、ゲストと私の 2人の場合は横並びに座り、私を含めて 3人の場合は、私はゲスト 2人の向かい側に陣取ります。
それに合わせて、マイク・カメラ・音声ミキサー・パソコンの配置・出演者の名前表示画面を準備しています。

下の映像、左は出演者が 2人のとき、右は出演者が 3人のとき
出演者が 2人のときの G-Studio出演者が 3人のときの G-Studio

例によってあらかじめセッティングを済ませてある G-Studio。
当日のゲストの人数変更に上記を再設定、そして動作の再確認。
ゲストが 1人くらい増減したくらいではびくともしない、柔軟なスタジオレイアウトや運営スタイルを考えたいものです。
飛び入りゲストなどというのも面白いと思いますし。

ここで終わらない今回の記事。
なんと病床の戸部は、自宅から Twitter で参加してくれました。
うぅ、ありがとうございます。
戸部の参加の様子は下の Twitter まとめのリンクからご覧ください。
出演者が遠隔地からでも参加できる。ネットワークサービスの強みですね。(考察する角度によっては良し悪しがありますが)
ちなみに翌日は回復して出社しておりました。

USTREAM「ニシ100!」番組サイト
録画「ITSM特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」
Twitter まとめ「ITSM特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」

今の気分 (^o^) by 中田智玄

タグ:ゲスト twitter
posted by 中田智玄 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | USTREAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

USTREAM 舞台裏「回線速度の影響は大きい」

2011年 2月 11日(金)は祝日でしたので、いつもの放送はお休みだったのですが、「自宅から放送しませんか?」というツイートをいただきました。

USTREAM が面白いことに気付いたので、昨年末近くに個人でアカウントを取得し、数回の放送を試みていたところでした。
では一緒に出演していただける方を見つけられれば放送しましょうということで探したところ、有難いことに素敵なゲストに恵まれて放送することになりました。
放送時間:2月 11日 12時から13時

個人的な放送なので詳細は省きますが、また面白い現象に出会いましたので、そこだけご紹介します。
多分に技術的ですが、同じことに悩む方には役に立つかもしれません。

--- Twitter より (中田智玄の投稿 2011/02/11 11:49:16) ---
USTのサーバが応答しません。こちらの問題でしょうけど。。挑戦中 RT @Tom_Nakata 【USTREAM】2/11 正午-13時、「熱く?楽しく?坂本龍馬」。 #tombow
http://ustre.am/rSFc
---

直前にこのようなツイートを投稿しました。
さて何が起きていたのでしょう。。

そもそも、
私が配信用に用意した Mac Book Pro が mobile Wi-Fi でインターネットに接続できなかったことがいけませんでした。
モニタ用に用意した Vaio は接続できたので、Mac Book Pro の設定でしょう。

急きょ LAN ケーブルを購入し、借りた会場のネットワークに接続させていただきました。
その回線は ADSL。未知の領域です。(遅さです)

Mac Book Pro から「Flash Media Live Encoder」で、映像と音声を USTREAM のサーバーにストリーミングするところまでは問題ありませんでした。
「Flash Media Live Encoder」はサーバーにストリーミングするところまでを担うので、サーバーから視聴者へ配信する制御が必要です。
それを担うのが web サービスの「USTREAM Broadcaster」
ところが、配信用の Mac Book Pro でブラウザから「USTREAM Broadcaster」を開こうとしたところで、何度トライしても固まってしまいます。
そして

--- Twitter より (中田智玄の投稿 2011/02/11 11:49:16) ---
USTのサーバが応答しません。こちらの問題でしょうけど。。挑戦中
---

なにか解決策はないものか?
原理原則基本です。
気が付きました。
モニタ用の Vaio はインターネットに接続され、USTREAM の画面も開いています。
データはサーバーまで行っているので、ここからでも制御できるはずです。
「USTREAM Broadcaster」を開いたところ、案の定配信待ちになっています。

ポチッ。
めでたく放送を開始できました。8分遅れでした。

「ローカル ⇒ USTREAM サーバー」、「USTREAM サーバー ⇒ 視聴者」は切り離して考えられるのですね。
「Flash Media Live Encoder」と「USTREAM Broadcaster」とで両者の機能を分けていたので成功したのかもしれません。
もしくは「USTREAM Broadcaster」のみで両者を行っていれば、初めから成功していたのかもしれません。
検証が必要です。

USTREAM「ニシ100!」番組サイト

参考まで。。
録画「熱く?楽しく?坂本龍馬&地方自治の話(土屋侯保、井上貴雄)」
Twitter まとめ「熱く?楽しく?坂本龍馬&地方自治の話(土屋侯保、井上貴雄)」

今の気分 (^_^;; by 中田智玄

posted by 中田智玄 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | USTREAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。