2013年07月30日

アクセス制限の設定された Microsoft Office ファイルが iPhone で開けないのは分かるが、メッセージが分かりにくい

ブックの保護-s.jpgiPhone5 でメールに添付された Excel ファイルが開けないという相談。 Excel 2010 で作成した xlsm ファイル。 原因になりそうな事柄がいくつかありました。

  • マクロが設定されている。
  • アクセス制限が設定されている。
  • 外部データベースへのリンクがある。

アクセス制限ありxlsmを開く.PNGiPhone のメールから開いてみると、次のメッセージ "Office Open XML spreadsheet (macros enabled)"


アクセス制限ありxlsxを開く.PNGマクロが原因か、とマクロを無効にして xlsx 形式で保存しなおした。 改めて iPhone のメールから開くと、次のメッセージ "Office Open XMLスプレッドシート"

なぜかスプレッドシートがカタカナになっている。 というところはどうでもよく、XMLスプレッドシートが原因だと言うなら、xlsx ファイル全部が開けないことになってしまう。※1


いろいろ試みた結果、原因は Excel ブックに設定したアクセス制限であることが分かった。 アクセス制限のある Excel ファイルが iPhone から開けないのは納得がいく。 問題は紛らわしいメッセージである。 つぎのいずれの場合も、メッセージは「アクセス制限」にかすってもいない。

  • アクセス制限があり、マクロが設定されている ⇒ "macros enabled"
  • アクセス制限があり、マクロが設定されていない ⇒ "XMLスプレッドシート"

ここまで書いておけば次は惑わされないだろう。

今日の気分 (-_-)

※1 2013/7/31 Microsoft Office 2007 以降、標準のファイル形式 (Excel なら *.xlsx や *.xlsm など) として xml が採用されている。複数の xml ファイルが zip 圧縮されて 1つのドキュメントファイルになっている。従って、xlsx ファイルの実体は xml ファイル群である。 (横山哲也からのフォロー tweet により追記)
参考) Office 2010 の XML ファイル形式の概要 (Microsoft TechNet ライブラリ)

posted by 中田智玄 at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。