2012年03月20日

Boot Camp & Parallels Desktop で Windows 7 のライセンス認証エラーからの回復

Windows 7 ライセンス認証バルーン自宅の iMac の Boot Camp で OS X Lion と Windows 7 Enterprise をデュアルブートにした。さらに Parallels Desktop for Mac 7 から Boot Camp の Windows 7 を起動したところ、Window 認証エラーが起きた。
このはじめの一段落、IT の固有名詞だらけ。これだけで読む気の失せる人が出そうだな。
要するに iMac 上で Windows 7 を起動したら認証エラーが起きたということ。
Boot Camp の OS をParallels Desktop から使うと OS の認証エラーが起きることは Parallels Desktop の何かのドキュメントで読んでいた。しかし、そこから先の手順は書かれておらず、ライセンス認証を促すバルーンをクリックしても手順が分からなかった。
ラネクシー社の Parallels Desktop for Mac 7 は様々な OS をサポートしている。取扱説明書には Windows 7 のインストール手順も詳しく書かれていた。しかし、Microsoft 社のサポートサイトを見ると「ライセンス認証」に関していくつかのパターンの対応方法が書かれているため、一概に書けなかったのだろうか。
 
振り返って、我々 IT 部門は往々にしてユーザー (主に社内) 環境をきっちり管理したがる。利用環境が把握できていれば問題が起きにくいし、質問やトラブルにも対応しやすい。しかしユーザーの利便性と実際を考慮すると無理がある。社内規定に照らしてルールを調整しつつ、FAQ を増やしていくことが現実的なのかな?
 
Windows 7 ライセンス認証ところで、今回対応した方法を示す。
 
  1. 「システムのプロパティ」を開く。([スタート] - [コンピューター]を右クリック - [プロパティ])
  2. [Windows のライセンス認証を... 今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。] をクリック。
    「Windows のライセンス認証」が開く。
  3. [詳細情報] をクリック。
    「エラーの詳細」が開く。
  4. コードを控える。今回は "0x8007232B" である。
    ちなみに、説明には "DNS 名がありません。" と書かれていた。自宅には DNS (ドメインネームサーバー) など無いが?と思ってしまった。このコードによって対応が異なる。上記のコードの場合は 7 に進む。それ以外の場合は 5, 6 を参考に、それぞれの対応を見つけてほしい。
  5. 次のサイトを開く。
    「Microsoft サポート / Windows Vista のライセンス認証の手続きを行うとエラー メッセージ "エラーが発生しました" が表示される」
    Windows Vista に関する記述だが、今回は Windows 7 にも適用できた。
  6. 先ほどのコード "0x8007232B" を検索する。"この一覧にあるエラーコードが表示された場合は、方法 B に進みます。" と書かれているのに従い、ページ下方の「方法 B」を参照する。
  7. プロダクトキーを再入力すればよいらしい。この手順のはじめにひらいた「システムのプロパティ」から [プロダクトキーの変更] をクリック。
  8. [プロダクトキー] に Windows 7 のプロダクトキーを入力して [次へ] をクリック。
以下画面に従って進むと認証が行われる。 

今日の気分 久しぶりに愛車を洗えた (^_^)



posted by 中田智玄 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。