2011年07月12日

iPad復元の憂鬱

iPadとiTunesの同期ができなくなった。この顛末は別の機会に話すとして、どうしたものか。
考えた末、初期化(復元という)する事にした。

iPadをPCに接続してiTunesを起動。
やはり同期できない事を確認して、おもむろに[復元]ボタンをポチ。
やってるやってる工場出荷時の状態に初期化。
そしてありがたい事に、いや当たり前か、iTunesにバックアップしてあった情報をiPadに戻す選択肢をポチ。

復元完了!

さて、iPadを起動。
ぉ、パスワードを再設定して。。
アプリで作ったデータも復元しているようだ。よかった…

何か違う、というより明らかに復元前と違う。フォルダがない!

iPadはiOS バージョン 4.2 から、アプリのアイコンをフォルダにまとめる事ができるようになった。アプリを効率よく探す手段としてありがたい機能だ。
そして、私のように沢山のアプリをレビューするユーザーにとってもありがたい機能だ。

なぜなら、iPadの画面に置けるアプリの数に制限があるから。
フォルダを使わなければ、その数は1画面に20個まで。この画面を11まで増やせる。そしてドックと呼ばれる下一列のエリアに6個入る。

合計 20x11+6=226

そしてフォルダを使う場合
フォルダには20個入るので画面をフォルダて埋め尽くすと次の数のアプリを置ける。

合計 20x20x11+6=4406
アプリを置ける数が格段に増える。

話を元に戻す。
フォルダを使って1000個前後のアプリをインストールしていたのだが、フォルダが復元されなかったため、あふれたアプリが出た。
そんなアプリはバックアップ先のiTunesに置いてけぼり。

仕方なし、
フォルダを作って整理しつつ、アプリをiTunesからiPadにコピー。
PC や Macのように、先にフォルダを作っておくことができないため少々手間取った。

あぁ時間をとられた。

だが結果的には、
フォルダを今の使い方につくり直せたし、レビューしっぱなしのアプリを整理できたためよかったのかもしれない。
大掃除と割り切ろう。

今日の気分 (-o-)ァゥ



posted by 中田智玄 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。