2010年07月23日

賞味期限と消費期限

知っています。この違い。それなのに・・・失敗談。

先日、贈答用に買ったフルーツゼリーが1つ余っていました。
賞味期限が少々過ぎてしまっているけど、ま、大丈夫でしょう。もぐもく。

賞味期限はおいしく食べられる期間。でも賞味期限を過ぎていても、おいしくいただくことができました。

が・・・・よく見るとそれは消費期限。
そう。消費期限はそれまでに消費すべき期限のことです・・・・。

「・・・ま、大丈夫かなー?」と不安を持ちつつ眠りにつくと、
来ました・・・激腹痛。
確認したはずなのに、自分の都合の良いように「消費期限」を「賞味期限」と読み間違えてしまった。高価な(というほどでもないですが)お菓子を捨てるのはもったいないという気持ちと、「自分はまだまだ丈夫だ」という自負のせいでしょう。結局は後悔する羽目に。
その晩は明け方まで腹痛との闘いだったのは言うまでもありません。
皆様、暑い日が続いていますので、くれぐれも食中毒にはお気をつけてくださいませ。

今の気分 ( ^ へ ^ ; by ふぐ子



タグ:食品 期限 定義
posted by 中田智玄 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。