2010年07月02日

日々のアハ体験

寝る前の遊びとして、子供と連想ゲームをしています。
はじめのころは連想というか、ただ思いついた言葉を言い合うゲームでした。
子供の相手をしていた中で、自然に生まれたゲームです。が、これが結構おもしろい。プチアハ体験になっているのではないかと思います。
たまに突拍子のないことを言うのですが、その思考経路がわかると、これが「アハ」です。たまたま目に入ったものだったり、物語で出てきた内容だったり、発音が似ているものだったりします。
また子供は何にでもルールを作るのが上手です。

いつもの連想ゲームのつもりで遊んでいると、間違いを指摘されることがあります。
「青」「ピンク」・・・と続いていたので、色つながりだと思い、
「緑」と言うと「ブブー。違います」とのとこ。
「オレンジ?」「ブブー」
「白?」「正解!」

全くルールが分からず、しばらくいくつかの色を言って正誤判定を受けていました。この判定から分析すると、どうも「部屋の中にある色」というルールができていたようです。
そして、このルールに気づいたときが、さらに「アハ」です。
子供の脳細胞は日々成長していると思いますが、子供と遊ぶ大人たちも一緒に脳を活性化できているのだなと思います。
ただ、活性化するためには、こちらも真剣に向き合って遊ばないといけないですね。

今の気分 (-_-) by ふぐ子



posted by 中田智玄 at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。