2010年06月11日

苦労の最小化

私たちの部署では、動画キャプチャーや編集を行うために、いくつかのツールを使っています。先日も、開発予定のコンテンツの企画のサンプルのために、あるツールを使うことになりました。
私自身は、修正などで部分的には使ったことのあるツールですが、実はオリジナルを最初から自分で作成するのは今回が初めてで、特に慣れていたわけではありません。
周囲には詳しい人もいるので、ざっと教えてもらってから取り掛かる、という手もあったのですが、その日は諸事情もあり、「ま、独力でも何とかなるだろう」と軽い気持ちで、ヘルプやチュートリアルコンテンツなどを参考にしつつ、限られた時間内であれこれ悩みながら試行錯誤することになりました。
当然、上手くいくこともいかないことも両面あったのですが、それがなんだかとても心地良い疲れでした。ちょっと大袈裟に言いますと、独り言をぶつぶつ言いながら、夢中になって没入していく、プチ・フロー状態だったんですねぇ。
日常生活でも、ちょっとした目的意識や向上心を持つことで、より楽しくできることってありますよね。

私たちが提供する教材でも、小さな仕掛けで「学ぶことの楽しさ」を伝えていけるように。
学ぶ時にはある程度の苦労は常につきものとはいえ、「不幸の最小化」ではないですが、苦労を最小化できるように。

そんなことを考えながら教材作成に取り組んでいます。

今の気分 (^^) by なな



posted by 中田智玄 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。