2010年06月07日

SCORMアセッサコミュニティに参加しました

6月3日に、SCORMアセッサ資格取得者による情報交流の場である 「SCORMアセッサコミュニティ」 に参加しました。
「SCORM」とか「SCORMアセッサ」についてはこちらを参照下さい

この日のテーマは主に 「SCORM技術者資格制度」 と 「富士通ラーニングメディア様のSaaSサービスの紹介」 でした。

■SCORM技術者資格制度
ざっくりとですが、新資格制度(今までのアセッサ資格との違い)をご紹介します。
・今までの 「SCORMアセッサ資格制度」 は 「SCORM技術者資格制度」 に統合・移行される
・「SCORMアセッサ」 は 「SCORM技術者」 という呼び名に変わる
 ※ただし、移行の試験に合格する必要がある。
・今までの 「SCORMアセッサ資格制度」 は、SCORMのバージョン1.2を対象としていたが、「SCORM技術者資格制度」 では、SCORMの特定のバージョンに依存しない(実質的には、1.2と2004を対象)

SCORM2004に対応したコンテンツはまだそれほど流通しておらず、依然SCORM1.2での実装が多い状況と感じていますが、今後の方向感としてはSCORM2004が徐々に出てくると思われます。

私自身、まだSCORM2004は不勉強でして実装経験もないのですが、資格移行を機に、時間を見つけてサンプルなど作ってみたいと思います。
作ったら、このブログでも紹介したいと思います(きっと・・・)

■富士通ラーニングメディア様のSaaSサービスの紹介
「Knowledge Cafe in SaaS」 というサービスをご紹介いただきました。
他社様のサービスですので詳細は差し控えますが、「社員同士が活発に意見を出し合い、教えあい、ともに成長すること」 が大きなコンセプトだそうです。
誰でも簡単・手軽に情報(コンテンツ)を発信できる機能があったりと、いわゆる 「Knowledge Management」 の要素を多く取り入れた仕組みのように見受けられます。
また、「手軽」「身近」な点が良いですね。

さて、弊社でも、企業内でLMS等を利用されているお客様から、どこか 「とっつきにくさ」 があったり、「単独」 で存在してしまっているがゆえにあまり使われていない...と言ったご相談を受けることがあります。
こうした状況を打破するために、「身近な業務でも使える」 ような運用を考えたり、仕組みを用意することで、企業内組織における情報流通・共有を加速させる1つのきっかけになるかもしれませんね。

・・・SCORMアセッサコミュニティでは、こうした情報交流や勉強会を行っており、eラーニングに関わっている方々の 「生の声」 「裏の話(?)」 聞ける貴重な場になっています。
このブログでも、その内容を "可能な限り" お伝えできればと考えています。
(次回、7月末日予定)

今の気分 (;´д`)ゞ by BLACK



posted by 中田智玄 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。