2010年04月28日

デジタル教材の教育学

山内祐平[編]の「デジタル教材の教育学」が刊行されたので、早速購入しました。
ぱらぱらと斜め読みした程度ですが、
本書には以下のような、デジタル教材を使う人にとって必要な知識を体系立てて持てるような内容になっています。
1.デジタル教材の歴史的な変遷
2.各デジタル教材における思想、学習理論
3.各デジタル教材はどういう状況において使われることに適しているか
もし、デジタル教材を使って研修を実施することを考えていらっしゃるのであれば、お勧めしたい本です。

さて、これらのことがわかってくると、1つの研修の中、あるいは、期間の長い研修の中での、デジタル教材の活用方法を思い描けるようになるのではないでしょうか。
効果・効率・魅力的な学習をおこなう環境を作る第1歩ですね。

ご興味あれば、是非、読んでみてください。

今の気分 (^_^) by ov40



posted by 中田智玄 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。