2010年03月15日

丁寧な日本語は自身のためにも相手のためにも

アメリカ製の製品の使い方を確認する必要があり、本国のサポート窓口に電話することがありました。
幸い日本語の電話サポートでした。
欧米語ネイティブと思われる方の日本語でしたので、少々違和感があるものの、全体に分かりやすく丁寧で、好印象でした。

さてサポートをいただいている間、気づくと私も自然に正確な日本語を心がけようとしていました。
なぜでしょう。
ブログに書くネタを探していると、このようなところも考えたくなってしまいます。
学習のためにもいい傾向です。

さて、考えられる理由(自己診断)
1. 相手が日本語をどの程度理解できるか不安だから
2. 日本語ネイティブではない方に負けられないと思うから
3. 相手に感化されたから

いずれの理由でも、どうやら丁寧な日本語を使用することは、相手からも丁寧な日本語を引き出すことになりそうです。

4月から新入社員に接する機会が増えます。
私のためにも、私と会話する新入社員のためにも丁寧な日本語・正しい日本語に心がけようと思いました。

今の気分 (´〜`) by 中田智玄



posted by 中田智玄 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。