2010年03月05日

巣篭もりeラーニング?

最近、消費のキーワードとしてよく聞くようになった、「巣篭もり」や「巣篭もリッチ」。外出を控え、自宅で快適に生活したいという人が増えているそうです。まぁ、もともと、生活にちょっとした便利さや楽しいツールを求めている(結果として通販好き?になった)私としては、たいへん納得できる傾向です。
では、その「巣篭もり」中に、ヒトはいったい何をしているのか?売れているらしい商品から、行動を想像してみましょう。

・ 「加湿器」のある部屋で、「モコモコルームウェア」に身を包んでのんびり
・ おやつには「クッキングトイ(調理玩具)」で作ったドーナツ
・ 「お取り寄せ食材」を「便利キッチングッズ」で簡単調理した夕食
・ 「入浴剤」を使ったバスタイムの後は、お気に入り「パジャマ」を着て「湯たんぽ」でぐっすり

確かに楽しそうだけれど、これって醒めるのも早いような気がします。宿題を後回しにして遊び疲れ、「あれ?こんなことでいいのか?」と、ふと心配になった夏やすみ終盤の夕暮れのように。。。そろそろ何かしなきゃいけない、そんな気持ちになることってありませんか?

例えば、いきなり資格をとろう、とまではいかなくても、日頃忙しいとなかなかできないちょっとした調べものや、興味があっても「またいつか」と半ば諦めていた習い事、今さらだけど勉強したいこと。誰にでも1つ2つはある、「学びたい」のタネが目覚めていく瞬間。

そんなときこそ、eラーニングの出番だ、というのはちょっと強引でしょうか。特別なコトでなく、本を買ったり、近所のスクールに通ったりするのと同じように、ごく普通の選択肢になる時代がいつか来ると思います。もちろん、そうなるまでには、eラーニングももっと進化する必要がありますが。。。
もしかしたら、そのうち「巣篭もりeラーニング」という言葉が流行るかもしれませんね。

 

 今の気分 (^_^) by なな



posted by 中田智玄 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧ブログのアーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。