2011年02月16日

USTREAM舞台裏「スタジオのレイアウトに柔軟性を & 休んでも大丈夫?」

USTREAM「ニシ100!」司会の中田です。
2011年2月15日 12:00-12:30放送の「ITサービスマネジメント特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」(菅原聡)の舞台裏です。

グローバル ナレッジ ネットワークの研修カタログが新しくなりました。
最新のカタログ

カタログは昨年夏号から読み物のページが多くなり、読み応えのある?ものになりました。
今回は本書の特集から「ITサービスマネジメント」を取り上げ、解説を行っています。

さて今回の舞台裏。

予定では、編集長の菅原聡と共に、講師である戸部伸彦が登場するはずでした。
ところが当日、残念ながら体調不良により戸部が自宅待機となってしまいました。

「ニシ100!」を放送している G-Studio は、2人掛けのテーブルを向い合せに配置しています。
そのため、ゲストと私の 2人の場合は横並びに座り、私を含めて 3人の場合は、私はゲスト 2人の向かい側に陣取ります。
それに合わせて、マイク・カメラ・音声ミキサー・パソコンの配置・出演者の名前表示画面を準備しています。

下の映像、左は出演者が 2人のとき、右は出演者が 3人のとき
出演者が 2人のときの G-Studio出演者が 3人のときの G-Studio

例によってあらかじめセッティングを済ませてある G-Studio。
当日のゲストの人数変更に上記を再設定、そして動作の再確認。
ゲストが 1人くらい増減したくらいではびくともしない、柔軟なスタジオレイアウトや運営スタイルを考えたいものです。
飛び入りゲストなどというのも面白いと思いますし。

ここで終わらない今回の記事。
なんと病床の戸部は、自宅から Twitter で参加してくれました。
うぅ、ありがとうございます。
戸部の参加の様子は下の Twitter まとめのリンクからご覧ください。
出演者が遠隔地からでも参加できる。ネットワークサービスの強みですね。(考察する角度によっては良し悪しがありますが)
ちなみに翌日は回復して出社しておりました。

USTREAM「ニシ100!」番組サイト
録画「ITSM特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」
Twitter まとめ「ITSM特集:ITはエンドユーザーと事業会社の期待に応える」

今の気分 (^o^) by 中田智玄



タグ:ゲスト twitter
posted by 中田智玄 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | USTREAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。