2011年06月24日

グローバル化のカギは考え方のギャップを知ること

今日も USTREAM でお昼の放送をしました。

テーマは「ランチタイムにグローバル人財育成を考える 第2弾」。
出演は普段から英語を使う国際事業担当の熊谷裕一、そしてご主人が仕事上国際人の三浦美緒。

前半は実体験、後半はグローバル ナレッジ ネットワークがグローバル人財育成のコースを扱うようになった経緯とコースのご案内です。
自分自身に置き換えながら聴くととても面白いテーマです。

トピックをひとつだけご紹介します。
国際社会に飛び出すときの一番の課題は言葉ではなく、マインドだそうです。
それも「こういう考え方でいけば、、、」というものではなく、
「日本人のマインドはこうですね、アメリカ人のマインドはこうなんです。まずその違いを知リましょう」
違いがあることを受け入れて、その差をカバーする方法を考えましょうということなのですね。

日本にいても "変わり者" と言われる私としてはとても気が楽になりました。
こんな締めでいいのかな?

録画「ランチタイムにグローバル人材育成を考える 第2弾」
関連する研修コース
今日の気分 (-_-)


posted by 中田智玄 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。