2011年06月23日

もっとあなたを知りたくて?いや、もっとさっさと仕事を進めたくて

最初のメールは関係者で共有するために全員に送るのはよしとして、その後の細かい確認のためにチャットのようなメールが繰り返される。しかも Cc 付きで。
声を上げれば端から端まで届くオフィス、顔を上げれば目が合う。なのに、内線電話をかけてくる。
そんなことがありませんか?

地理的に離れた場所にいる人同士の (もしくは場所や時間や立場などの制約から解放された) コミュニケーションツールをいろいろ考える立場にあります。電子メール・電話(固定・テレビ・携帯)・Twitter・Facebook・USTREAM・web会議システムなどなど。

だけど、
「そこにいるなら来ればいいじゃない。なんならこっちから行きますよ」
と言いたい。
面と向かって話せば、メールより電話より伝わることが多いでしょう。伝わったほうが話が早いでしょう。

まてよ、メールや電話にしたい理由もありますね。
・とりあえずメールで共有して、後から話しに行こうと思っている。
・目の前のPCの画面を見ながら話したい。
・相手が見つからなかった。(私もたまにある。即行で返信が来たので振り返ったらそこにいた)
・自分の感情を見せたくない。
・相手が感情的になりそう。
・距離をおきたい理由がある。(どんな?)

コミュニケーションツールの利用にもこのような諸事情を考慮すべきかな?
皆さんの 「面と向かって話したい理由」 「面と向かって話したくない理由」 をお聞きしてみたいです。

こんなことを考えていたら、薬師丸ひろ子さんの楽曲「あなたを・もっと・知りたくて」が頭をよぎりました。
Youtube に流れているのですね。懐かしいです。
この楽曲は NTT が民営化された 1985年に CM で使われていました。同時に薬師丸さんがキャンペーンキャラクターとして起用されていました。
気持ちが伝わるかどうかどきどきしながら(と聞こえる)ボーイフレンドに語りかける台詞があります。
伝えたいことが相手に伝わることが肝心ですよね。
携帯電話もポケベルもなく、家電全盛の時代でした。



posted by 中田智玄 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。