2011年06月22日

Microsoft Office Accessの見えないバージョン

Microsoft Office Access (以下 Access) で組んだツールを愛用している。
最近 OS を Windows XP から Windows 7 に移行し、Offirce も 2003 から 2010 に移行した。
ありがたいことに、Access の mdb ファイルは快適である。
UI が大きく変わって戸惑うことは他の Office 製品群と同じだが。。

さて、同僚に使ってもらうために、時々実行ファイル形式 mde に変換することがある。
ついこの間もバージョンアップしたため、何の気なしに mde に変換した。

と・こ・ろ・が、Access 2003 をインストールしている同僚に渡したところ、
「使えない!『新しいバージョンのデータベースで作成されている』と言われる!」
と苦情。

なんてこと。
mdb のままなら Access 2010 で保存しても Access 2003 で開けるのに、mde にするとそれがならず。
Access 2003 で変換しなおして無事解決。

変換前は互換性があり、バージョンアップしても拡張子が変わらないのに、そんなところで下位互換性がないなんて。
と言ってみたくなるのでした。

検証はしっかりと。 to me.


posted by 中田智玄 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。