2011年06月21日

人の数だけ端末あり これを仮想化できたなら...

様々なところで「仮想化」・「クラウド」という言葉を目にします。
サーバーは仮想化し、データはバックアップも含めてクラウドに。。。

ですけれど、それらを使うのは人。インターフェースには端末が必要なのですよ。
パソコン・Mac・タブレット・スマートフォン・携帯電話・ゲーム機・固定電話・複合機。。。
職場に限りましょう。それでもパソコン(or Mac)・携帯電話くらいは人数分必要でしょう。
そして弊社のように受講者の皆さまにお集まりいただくようなところでは、さらにさらに多くの台数が必要になります。

なぜ突然このようなことを書き始めたかというと、先ほどまでレンタル機材の月次請求のチェックをしていたところなのです。
あるわあるわ、これは大変だなと思い知ったわけで。(私が扱っているのは氷山の一角、それも伝票の処理だけ。機材の設置・設定をするとどれだけ大変なのだろうと想像してしまいます。)
端末が必要なくなったら、改めて仮想化バンザイと言いたいくらい。

人即是端末、士郎正宗さんの「攻殻機動隊」のような世界だろうか?


posted by 中田智玄 at 20:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人類にとっての最大の資産はクラウドになる。」確かにそうですね〜
科学のおかげで、ハイテクの進歩が社会進歩の動力ですね〜
Posted by ネットワーク at 2011年10月06日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。