2011年06月24日

グローバル化のカギは考え方のギャップを知ること

今日も USTREAM でお昼の放送をしました。

テーマは「ランチタイムにグローバル人財育成を考える 第2弾」。
出演は普段から英語を使う国際事業担当の熊谷裕一、そしてご主人が仕事上国際人の三浦美緒。

前半は実体験、後半はグローバル ナレッジ ネットワークがグローバル人財育成のコースを扱うようになった経緯とコースのご案内です。
自分自身に置き換えながら聴くととても面白いテーマです。

トピックをひとつだけご紹介します。
国際社会に飛び出すときの一番の課題は言葉ではなく、マインドだそうです。
それも「こういう考え方でいけば、、、」というものではなく、
「日本人のマインドはこうですね、アメリカ人のマインドはこうなんです。まずその違いを知リましょう」
違いがあることを受け入れて、その差をカバーする方法を考えましょうということなのですね。

日本にいても "変わり者" と言われる私としてはとても気が楽になりました。
こんな締めでいいのかな?

録画「ランチタイムにグローバル人材育成を考える 第2弾」
関連する研修コース
今日の気分 (-_-)


posted by 中田智玄 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

もっとあなたを知りたくて?いや、もっとさっさと仕事を進めたくて

最初のメールは関係者で共有するために全員に送るのはよしとして、その後の細かい確認のためにチャットのようなメールが繰り返される。しかも Cc 付きで。
声を上げれば端から端まで届くオフィス、顔を上げれば目が合う。なのに、内線電話をかけてくる。
そんなことがありませんか?

地理的に離れた場所にいる人同士の (もしくは場所や時間や立場などの制約から解放された) コミュニケーションツールをいろいろ考える立場にあります。電子メール・電話(固定・テレビ・携帯)・Twitter・Facebook・USTREAM・web会議システムなどなど。

だけど、
「そこにいるなら来ればいいじゃない。なんならこっちから行きますよ」
と言いたい。
面と向かって話せば、メールより電話より伝わることが多いでしょう。伝わったほうが話が早いでしょう。

まてよ、メールや電話にしたい理由もありますね。
・とりあえずメールで共有して、後から話しに行こうと思っている。
・目の前のPCの画面を見ながら話したい。
・相手が見つからなかった。(私もたまにある。即行で返信が来たので振り返ったらそこにいた)
・自分の感情を見せたくない。
・相手が感情的になりそう。
・距離をおきたい理由がある。(どんな?)

コミュニケーションツールの利用にもこのような諸事情を考慮すべきかな?
皆さんの 「面と向かって話したい理由」 「面と向かって話したくない理由」 をお聞きしてみたいです。

こんなことを考えていたら、薬師丸ひろ子さんの楽曲「あなたを・もっと・知りたくて」が頭をよぎりました。
Youtube に流れているのですね。懐かしいです。
この楽曲は NTT が民営化された 1985年に CM で使われていました。同時に薬師丸さんがキャンペーンキャラクターとして起用されていました。
気持ちが伝わるかどうかどきどきしながら(と聞こえる)ボーイフレンドに語りかける台詞があります。
伝えたいことが相手に伝わることが肝心ですよね。
携帯電話もポケベルもなく、家電全盛の時代でした。

posted by 中田智玄 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

Microsoft Office Accessの見えないバージョン

Microsoft Office Access (以下 Access) で組んだツールを愛用している。
最近 OS を Windows XP から Windows 7 に移行し、Offirce も 2003 から 2010 に移行した。
ありがたいことに、Access の mdb ファイルは快適である。
UI が大きく変わって戸惑うことは他の Office 製品群と同じだが。。

さて、同僚に使ってもらうために、時々実行ファイル形式 mde に変換することがある。
ついこの間もバージョンアップしたため、何の気なしに mde に変換した。

と・こ・ろ・が、Access 2003 をインストールしている同僚に渡したところ、
「使えない!『新しいバージョンのデータベースで作成されている』と言われる!」
と苦情。

なんてこと。
mdb のままなら Access 2010 で保存しても Access 2003 で開けるのに、mde にするとそれがならず。
Access 2003 で変換しなおして無事解決。

変換前は互換性があり、バージョンアップしても拡張子が変わらないのに、そんなところで下位互換性がないなんて。
と言ってみたくなるのでした。

検証はしっかりと。 to me.
posted by 中田智玄 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。